コメントの削除

OSX 10.2.x JaguarからのMacユーザーです。
現在はMacBookPro core i7 + MacOSX.11.x - El Capitan & Cubase9 + Logic + GarageBand + Adobe Audition + Live9 を使い分けています。
Steinbergはかなり久しぶり(20年ぶり?)の購入・Atari & Pro TwentyFour、ATARI & Notator & UnitorN以来。
過去にSONAR + Sound Forge + x86環境で制作していた時は、いきなり落ちたりタイムコンプレッション処理中に固まったり、メモリを上限まであげても直らずダメでした。
普段はアナログシンセサイザー実機や往年のサンプラー実機、マイク接続や往年のラックエフェクター活かしオーディオインターフェイスを経由してMacへ32bit 192kHz
ハイレゾレコーディングの環境なのですが、取り込む時が機材総動員大掛かりというだけで、そのあとのカットペースト作業などは全て楽ちんMac上です。
Macに標準装備のCoreAudioの再生解像能も程よく、現在はTDやMDする作業だけならMacだけ持ち出してカフェなどでも出来るので重宝しています。

たまに、ParallelsにセットアップしたWindowsXP上でSONARを起動し、昔のプロジェクトデータからオーディオデータ等を抽出しますが、現在Windowsはそれくらいに
しか使わなくなりました。
ちなみにATARI、まだ完動状態でVGA出力改造を施して保管しています。Pro TwentyFourはクオンタイズしなくとも独自のグルーヴ感があって好きなのですが、ATARIの
筐体がキーボード一体型プラスアルファでデカイので設置場所があればスタジオにセットしたいです。
  • 一度削除したコメントを復活させる事は出来ません