Q.
投票できません
票 ( %)
  • Antelope
  • AVID(Digidesign)
  • Apogee
  • Focusirite
  • M-Audio/Alesis
  • MOTU
  • Native Instruments
  • PreSonus
  • RME
  • Roland/EDIROL
  • Steinberg/YAMAHA
  • TASCAM
  • Universal Audio
  • ZOOM
  • その他
  • 答えは追加できません

35
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
DigiGrid D 使ってます。音質的にはフラット。華美さや無駄な装飾のないストレートな音質で、いわゆるモニター調です。
Apogeeなどに比べると地味でつまらない音に感じるかもしれませんが、正確な音なので制作の場面で重宝しております。
NIがなくて寂しいです。わたくし、Komplete Audio6使ってます。ただ、いまは修理点検でNIへ送っていますが。なので、サブでTASCAM iXRを利用もしています。しかし、明らかにKomplete Audio6の方が音が断然良いです。
まだFirewireが標準ドライバで動いてくれるので助かっています
Arturia AUDIOFUSEです。小さい個体に必要な入出力が全てついており、さらに物理ボタンがでほとんどの機能の制御も可能で、トークバックもついていて、USBハブもあり、さらに音も良くOSも選ばず、とても使いやすいです。
Audient iD22
モニタコントローラの機能と、内臓マイクプリの好みで選んだら、ここにたどり着きました。
ABILITYと相性がよい
USB 3.0で安定している
Line6 SonicPort VX。マイク付きでセッティングが楽。録音する時以外は引き出しにしまっているので。
0404PCI,0404USB,ときて今はBabyFaceProです。24バンドのGEが36バンドの
GEになった感じです。なおかつE-mu(クリエイティブ)にくらべ落ち着いた
音色が魅力的です。
Apogee One。持ち運び用からメインへ昇格しました。うすらでかいMb○xより小さくても、いい音がします。
DPやLogicを使っており、特にDPはMOTUのインターフェイスとセットで使いたいので。
あと、単純に出音や録り音も他メーカーの入門(2〜4万)クラスのものよりも良いと感じる。
ルーティングの自由度も助かる(UltraLite mk4使用)
当方使用しているprotoolsは相性に厳しいのでAVID製品を使用しております、他メーカーも気になるのですが、もし機会がありましたらprotoolsでも使えるI/F特集をしていただけたら幸いです。
BEHRINGERは? 私が使ってるのは厳密には USB ミキサーですがね
Digidesign時代のDigi002 Rackを、OS10.6環境で使用しています。同じくDigidesign時代のProToolsを使用しつつ、必要なだけのソフトシンセ&生楽器RECで細々と制作を続けております。
去年Apollo 8Pに入れ替えました。

UADプラグインやUNISONプラグインによる、ハードを使った様な掛け録りが出来る事は勿論ですが、電源で駆動する安定感と非常にクリアな音質、AD/DAの性能の高さに安心して作業にあたれます。インプットも8chあり、持ち運び可能なラックとノートPCさえあれば、レベルの高いポータブルシステムの構築も簡単です。8chあれば、ギリギリマルチマイクでドラムも録れるし、ライブのマルチトラックレコーディングもできます。

そう安易に導入できる機材でも無いですが、生楽器を扱うエンジニア、同録で多くのインプットが必要な場合など、これほど分かりやすくバランスの取れたI/Oは無い様に思います。個人の仕事ならコレさえあれば大丈夫です。
T.C Electronic Desktop Konnekt 6
Konnekt 24Dが壊れたので急遽中古で入手したもので使用

オペアンプを高速タイプのLT1364に電解コンデンサをOS-CONに交換
音の分離 キレイな高域 異常なほど音質いいです。 
Avid、Presonusも以前使用していたのですが、
OSやDAWを変更した為、ドライバの安定性を考慮し
Rolandのインターフェイスに乗り換えました。

(RME、Apogeeは高くて手が出せぬ宅録ユーザ)
Macの内臓オーディオが8割、本気聴き用にNorth Star DesignのIncanto、持ち出し用にNextDriveのSPECTRAです。内臓オーディオを多用する理由は、ファイル編集時にスクラブを多用するため反応速度命で。その他2つがいわゆるオーディオ用なのは、家で生音を録音することがまず無いからです。録りはクライアントにProTools HD系のあるスタジオを借りてもらっています。
EDIROL UA-101 発売当時から使い続けてます。
24bit192khz仕様で 10in/10out、いまだに、最新のインターフェイスに見劣りしません。
個人宅で使う分には、十分な感じです。
TASCAM US-366をずっと使っています。
MIDI端子がないので買い替え前のものを処分できないのが難点ですが、サイズや使い勝手も音質も自分には丁度いいです。
特に、差し替えが頻繁なジャック類はフロントパネル、スイッチやつまみ類はトップパネルと分かれているのでコンパクトながら机上で操作しやすい点が気に入ってます。こういったハード面でのデザインも重要な機能なんですね。気軽に使えるいい機材だと思います。
NI Komplete Audio 6からUltraLite mk4に鞍替えしました。
DSP装備でI/Oも多く、ミキサーとしても扱えて、初めての高価(自分の懐にとって)なI/Fでしたが多機能で満足してます。
MOTUはWin機で安定しない、みたいな噂も聞いたようなきがしますが今のところ問題ないです。
QUAD-CAPTUREを4年くらい使っています
付属の線がすぐに死んでしまったこと以外は動作も安定してて便利です
iConnectAUDIO4+です。音質に関してはあまりいい評判は聞かないですが、結構、動作は安定していると思います。
apollo twin duoです。
お金に余裕がある時期に買いましたw。
空いていたThunderboltを有効活用出来たのが良かったです。
以前はRolandのものを使ってましたが、最近Prism SoundのLyraに変えました。
音がいいことはこちらでもレビューされてますが、実はドライバも安定していることを店の方に教えていただき購入しました。
他社と比べると接続数と拡張性が弱いですが、シンプルにまとめたい人にはこれがベストの選択肢になりうると思います。
Cakewalk by Roland 時代の VS-100 を使っています。SONAR で使っていたのでとても使いやすかったのですが突然の Cakewalk (SONAR) 終了で今は Cubase で活躍中。ムービングフェーダーを含むコントロールサーフェス部は Mackie Control のエミュレーションでも動きますが、SONAR でなければ対応していない機能もあるので若干活かしきれていないところも。しかし多入出力とコントロールサーフェス、WAVE レコーダー機能は便利です。

それと、下のコメントにもあるように、SONAR ユーザーの DAW 乗り換え記事もあったほうがよかったのでは。
t.c. electronic desktop konnekt 6
DSP内臓で良いものがあれば買い換えてもよいかな?
でも十分満足してます。
購入当初、「TASCAM MIDI STUDIO 688」から8トラックのデータを一気に吸い出す予定で UA-101 を選択。
厳密には、Cakewalk Sonar 7 Power Studio 101 を購入しました。
当方環境&使用方法では、現在でも問題なく安定動作しています。
よく、安定したメーカーとか、安定した製品とか耳にしますが、メーカーは大多数を対象に設計&検証しているわけなので、それらが安定動作しないという事はユーザーのPC環境(ハードウェア構成・使用ソフト等)にも問題があると考えます。

ところで、SONAR ユーザーに向けて他社製DAW への乗換え指南的な記事を書くべきだったと思います。
Cakewalk ユーザー向けのクロスグレード情報なども沢山あったわけですから、合わせて良い記事が書けたのではないかと思います。
いまだにUA-25EXを使用しています。
買い換えようかとは考えているのですがなかなか…
とにかく音がいい。3万くらいのインターフェイスから思い切って変えましたが
「言うてもそんな音変わらんでしょ」と思っていましたが大間違い
心臓がドキッとするほど音が変わりました。
主観的な部分はありますが、ほんと明らかに出音が違います。
音の奥まで聴こえて来る感じ。
今まで聴こえなかった音が聞こえます。これが差か、と愕然としました。
一度RMEを使うと、安定性の高さに他のものが使えなくなる。
安いインターフェースを何度も買い換えるくらいなら、高くても一度の投資で長く使える方がいい。
とにかく音質、安定性など全てにおいて信頼性が高いので使用しています。
Roland UA3,Emagic emi62m,M-Audio FireWire1814,MOTU Traveler mk3,今はApogee Duetと使って来ました。
US-2x2を使ってます。2IN/2OUTでMIDI IN/OUTも装備した高CPモデルで満足。Macなのでドライバ不要でした(USB接続したらすぐ使えました)。24bit/96kHzまで対応してますが、CPU負荷を減らしたいので44.1kHzで制作してます。非常に低ノイズで助かってます。
いまだに、YAMAHA i88Xを使っています。規格はIEEE1394(Firewire)ですが…
今では、ほぼ使っている人は少ないと思われるmLANの機能もまだ現役です。