Q.
投票できません
票 ( %)
  • Windows 64bit
  • Windows 32bit
  • Mac OS X 10.8以降
  • Mac OS X 10.7以前
  • Win/Mac以外
  • 答えは追加できません

18
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
Win7 + SONAR X2で頑張ってましたが、あまりにもフリーズが多く不安定なので、Mac + Logic Xに移行しました。遥かに安定稼働してくれるので「安心して」作業できます。
Apolloを使い始めるとWinに帰れなくなりました
MacにBCでWinにしてたけどMacの方がいろいろな面で安定するので今はMacのみで作業
PiaproStudioのおかげで、ボカロ曲作成の全行程Logic Proで出来るようになって嬉しい。
ハードはMacだけど、OSはBCでWinにしてる。ヒャダインのまね;)
昨年11月までソナ6+WinXP 32+EdirolUA。
11月にPC一新し、Cubase7.5→8Pro+Win8.1 64+SteinbergUR。
Macも検討したが、圧倒的なコストパフォーマンスの差で、Windowsに。
Core i7 4790/16GB RAM/ 256GB SSD/500GB HDDで
iMac Core i5より10万円ぐらい安い。
CubaseならMacに移行しても大丈夫だし。
マシンはメインにWindows8.1 64bit DAWはSonar X3で作曲&レコーディング。作業の楽譜の表示にサブでipad air2を使っております。
DAWはWindows7 64bit版でSONAR X3を使用しています。
MacはiOSアプリの開発で少し使ったことがありますが、乗り換えたいという気になるというほどではありませんでした。
慣れもあるでしょうけど、DTM以外でもかゆいところに手が届くという感じのアプリケーションの多さというのはWindowsの方が多いのではないかと思います。
PCを自作しているので、Macにはパーツを選ぶ楽しみも少ないですし…
Win7proX64+SONARX3(producer)+piapro studio(ボカロ)でやっています。
ただpiapro使うと重たくオーディオのドロップアウトが時々生じ、メモリーを8GBから16GBに増設しました。CPUはQuadCorei7-3770で3.90GHzで使用です。
本当はスタジオとの互換性でMacにProToolsやLogicといきたいところではありますが予算上無理で・・・自宅使用なら慣れたWinで充分です。
V2ボカロとMusicMakerとMMDのためWinから離れられません
10.9+cubase7.5+ボカロエディターでボカロ曲作成とVSTConectSEでリモートレコーディングに利用してます。
スタジオでのレコーディングもあり、15incだと重くて持ち運びが不便なので13incとのプロジェクトのやり取りでプロジェクトバックアップ機能がかなり便利です。
SonarX3でwin7x64です
Mac + ProToolsでボカロ曲を作ってます。操作の慣れもあるのですが、DAWの自動バックアップ機能とは別に、OSについてるファイルの履歴機能(TimeMachine)のおかげで安心して作業ができてます。
Logic 9 Pro/ExpressをMac miniとMacBook AirどちらもYosemiteで使っています。Audio Unitsも64bit対応で、安定した動作しています!
BTOのPCでWIN8です。Macは高いので。
年末に中古のMacbook Airを買って、そちらにもDTM環境を構築中ですが、まだメインはWindowsですね。
Windowsのみで使えるプラグインも多いですし、基本は並行で使う感じになるかなぁ、と思ってます。
Opcode Visionを使うためにMacを購入。
その後、Logic,Liveに乗り換えましたが、
今日までMac一筋ですw。
生まれも育ちもApple